外部コンサルタントによる研修の必要性

企業研修には様々な種類があります。


入ったばかりの新入社員を対象にしたもの、その中に含まれるマナーやモチベーションアップに関してなどカテゴリ別のコース、その他にもリーダーや役員を対象にしたものまで、その目的やターゲットも様々です。

最近になってOJTと呼ばれる、現場で実際に仕事をしながら学ばせる方法が出てきましたが、それでも事前になんらかの講習を行う企業は少なくありません。
しかし一方で、なかなかその効果を目に見えて実感することができずに、悩んでいる担当者が多いのも事実。
特に長引いた不景気のせいで企業の業種によっては予算が削られて、規模自体が縮小されています。


それでは企業にとって、研修は意味をなさないのでしょうか。必要ないものなのでしょうか。もちろんそんなことはありません。

なぜなら実際に研修で大きく業績を変える企業もたくさんあるからです。


それでは、成果を出せる研修とそうでない研修の違いは一体なんなのでしょうか。

答えは簡単ではありませんが、その大きな要因のひとつに、研修専門の外部コンサルタントの起用が上げられます。


内容にもよりますが、研修はたいてい総務課や人事部が企画することがほとんどです。

つまり本業をこなしながら、専門ではない分野をやらされているケースです。

本来は畑違いの人間を、いくら勉強させたからといって短期間で講師に育て上げるのは至難の業です。

名選手は名監督になれない、と言われるように、営業のエースに講師をさせても、受講者が営業の成績をアップできるかと言われると、そんなことはないのです。


営業のエースが抜きん出ているのは営業であって、営業を教えることではありません。

そこで必要になってくるのが、教えることを専門とした人間、つまり研修専門のコンサルタントです。

彼らは、自らの得意とするメソッドを、基本的にあらゆる業種、職種に対応できるように訓練しています。

また、受講生のスキルアップがそのまま業績にも直結するので、期間以外の膨大な時間すらも、その内容の精査や確認に費やすのです。

社員の育成を本気で望むなら、片手間に従業員を行うよりも、教えることの専門家にお願いすることをおすすめします。

http://www.jsda.or.jp/sonaeru/words/0012.html
https://kotobank.jp/word/販売促進-118582
https://www.youtube.com/watch?v=Z5UWL6Zyttc

ミストコレクターを利用してみる価値はありますよ。

期待できる飲食店のコンサルティングの知識が一目瞭然です。

コミュニケーションセミナー情報を調べるならこのサイトです。

マネジメントの研修に関する企業の一覧です。

最新のブルーマップ情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。