研修で現場の社員の意見を尊重するのを学びました

会社である年に一度の管理職の研修会があり、今回はマーケティングと顧客管理についての研修でした。
お客様の要望に合わせた環境を大切にしているのかという事で、もっとお客様の立場に立っていろいろな提案をして行くべきだということを学んできました。

実際に他の営業所や店舗の管理職の人がたくさん来ているのもあり、情報を得ようと休み時間や昼食の時間を利用して話を聞いてみました。
わたしが聞いてみた人は関東でトップの営業成績を誇る部署の方だったので、お願いして昼食を一緒にさせていただいたのです。

違法スロットを詳しく調べるなら便利なサイトです。

話を聞いてみると、一番の違いは実際に働いている社員の考え方や行動にありました。


大阪の会社設立に有効なサイトの紹介です。

わたしのところの営業所では社員は、上司の命令に従ってやっているのですが、業績を上げている関東の部署では、実際に現場に立つ人の意見をもっと有効に活用して、意見を採用してお客様の情報を客観的でも良いから何でも報告する癖をつけているという事でした。

今回の研修会でもそういった話が出てきたので、実際に実践してみると間違いなく業績が上がるというのです。

お客様からいろいろと詮索して今の状況を聞くわけにもいかないので、どうしても見た目や何気ない話しぶりからの判断になるのですが、その現場での判断があながち間違ってはいないという事が、実際には多々あるという事でした。


たしかに、わたしのところも、現場の社員の意見よりも上司の発言の方が説得力があったので、意見を言わせない環境を作っていました。


しかし、それは間違いだという事も研修に来ていたマーケティングの先生も言っていたのです。


埼玉の不動産担保ローンについて分かりやすくまとめてあります。

さっそく研修を終えて、関東の営業を真似してみようと、帰ってからまずは、現場の社員の話を聞いてみることをやってみました。

素敵なバイクの名変代行の情報を利用しない手はないです。

すると研修で学んだように顧客情報がたくさん出てきて、次の展開に生かせるものが出てきたのです。その為、上手くお客様をリードする事が出来るようになり、それから営業所での業績が上がりました。




http://www.jtua.or.jp/info/ad.html
https://www.youtube.com/watch?v=XZsdDH9sOtg
https://www.youtube.com/watch?v=t0d0oWgUaDw