人材育成に効果的な研修とは

人材育成はどの企業にとっても重要な課題となっています。

資源の少ない日本にとっては、最大の資源は人材であり、優秀な人材をいかにして確保するかが企業にとって大きな生命線となるのです。

このため、各企業は社内研修に力を入れており、企業によっては数ヶ月の研修を行う場合も珍しくありません。

このように、各企業が人材育成に力を入れていますが、実際に戦力として人材を育てるためには、効果的な研修を実施することが重要になります。効果的な人材育成とは、社員の潜在能力を引き出すことと、その能力を実践で活用することが出来るようになることです。
このため、実際に研修を行う場合には、最大限の効果が得られるように様々な工夫がされています。
まず。カリキュラムについてですが、一般的な研修では講義形式が多いのですが、講義形式では一方的な情報伝達が行われることになるため、受講者自体がその効果を確認することが難しいのが課題となっています。

このため、近年の研修では講義形式からグループワークへと変化しています。

グループワークは、一つの課題について複数の受講者で話し合いや協力を行って解決していく方法の講義であり、与えられた課題に対してどのようなアプローチを行うかを実践的に学ぶことが出来るのです。


この研修方法の利点は学びながら受講者自身がアウトプットを行うことが出来る点であり、学んだことを再確認することが出来るのです。

このため、座学によって学んだことをその場で復習することになり、高い学習効果を得ることが出来るのです。

さらに、複数人で同じ課題に取り組むことで、協調性や他人の視点を学ぶことが可能であり、一人で学ぶ研修とは異なり、多くの点において多角的な検討を学ぶことが出来るのです。
このように、企業の研修は基礎的な知識の習得から、多くの実践的なスキルの習得へのシフトしており、この方法を取り入れることで、より効果の高い人材育成を行うことが出来るのです。


http://www.ksdh.or.jp/about/network/kaizuka_office.html
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/100000/187598.html
https://www.youtube.com/watch?v=RqrzscxvdMA

ISMSの審査の最新情報をご提供します。

飲食店のコンサルタントを知りたい方必見の情報を集めました。

SMO対策に関する情報です。

ISMSに関するお役立ちコンテンツ満載です。

安心安全の大人ひきこもり情報のことならお任せください。